× CLOSE

優れた採用管理システムを見てみましょう » 人事のプロが解説!採用管理システムとは? » 導入事例

導入事例

代表的な5つの事例でわかる採用管理システムの導入効果

採用業務において企業が抱える課題や悩みには、共通する要素が多々あります。

ここではその代表的な5つのケースにフォーカスして、採用管理システムの導入事例を紹介します。

応募が多過ぎる

採用業務における課題や悩み

募集する職種や雇用形態が複数、同時並行で動いている状況で、応募数が多くデータの整理と選考過程の管理がスムーズにいっていませんでした。

採用管理システムの導入による改善ポイント

本社採用と部門採用の一元管理、正社員からパートまで4種類の雇用形態を自動振り分けするなど、採用管理システムの機能によって応募データを効率的に管理。採用担当の業務負担を抑えて、採用プロセスをわかりやすく管理できるようになりました。

応募がこない

採用業務における課題や悩み

一般にも認知度の高い居酒屋・和食チェーンのグループ企業。募集は恒常化している中、自社サイトからの応募は極めて少なく、求人広告への出稿費用がかさんでいました。

採用管理システムの導入による改善ポイント

採用管理システムの機能を使って、自社の採用コンテンツを充実化。検索エンジンやまとめサイトからの流入が増えたことで、広告費用を抑えることができています。

選考のオペレーションが回せない

採用業務における課題や悩み

人事部門というよりは採用する部門側での人材選考がスムーズにいかず、応募者への連絡やスケジューリングに時間がかかり過ぎていました。

結果、他社に内定が出ての辞退なども発生していました。

採用管理システムの導入による改善ポイント

スケジューリングや選考の進捗など関係者全員でリアルタイムに把握できるようになり、業務全体のスピードアップを実現。自動メール配信機能を使うなど、応募者へのレスポンスもスピーディーになり、人事部の調整作業が大幅に短縮されました。

採用コストが高い

採用業務における課題や悩み

惣菜食品の小売企業で店舗は全国に300以上あり、その採用に費やすコストは年々上昇。一方、現場では人手不足の状況が続いていました。

採用管理システムの導入による改善ポイント

採用管理システムによって採用率や辞退率を数値化、求人媒体および店舗別の採算性をチェックできるようになりました。費用対効果とマッチングを見定めたことで、以降は求人広告を半分近く削減できています。

採用の工数が多過ぎる

採用業務における課題や悩み

採用活動は通年で、求人媒体や人材紹介会社を利用していたため、トータルの管理や結果分析など、人事部門での業務工数がかさんでいる状況でした。

採用管理システムの導入による改善ポイント

複数経路からの応募データを採用管理システムで自動連携、それぞれの費用対効果のチェックも可能となりました。レポートが簡単に作成できるため、業務工数削減とともに外注費の抑制にもなっています。

管理人富井と松田の画像_side

こんにちは!管理人の松田(左)です!富井(右)です!コンビで採用の担当をしています。「採用活動の効率化!」を上司から厳命された我々2人。血眼になって調べ続けるとあった!あった!「採用管理システム」。採用管理システムを2人で探しあてて、おすすめを紹介します。優れた機能も数々試してみるから、世の中の採用担当者は必見も必見ですぞ!

システムの
全容に迫るッ!

サイトマップ